この星に生まれて・2

<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧




熱性けいれん〜初めての入院

f0084478_17213581.jpg


その夜、僕は熱が出始め、だるいなあ〜と思いながら寝た。


「えー、三歳男子、まだけいれん中、ええ、ちょっと長いですね、はあ、無理ですか…わかりました」

知らない人のそんな声がぼんやりと聞こえ、気付いたら変な狭い場所にいた。父が僕の名前を呼んでいる。母が涙目で僕を見つめ、ヘルメットに白い服のおじさんがバタバタしている。

「タカ!気づいたか?!ほら救急車だぞ、救急車に乗ってるぞ」

と父が言うのでゆっくり目を動かしてみた。

「ああ、、意識戻った…?!」と母。

「ええ、はい、あ、そうですか!わかりました、向かいます」と、電話を持ったヘルメットのおじさん。

「病院見つかったようです、出発しますよ!」僕のそばにいたおじさんがそう言うと

次の瞬間、

ぴーぽーぴーぽーぴーぽーぴー…

え、ぴーぽー??

はっっ!!!これはっ!!もしかして!!

きゅうきゅうしゃ本物?!

僕、乗ってるの?!

その時、熱性けいれんを起こして意識を失っていた僕の顔に、初めて表情が戻ってきたらしい。そう、『ぴーぽー』のその音に、僕は我を取り戻したのだった。

ぴーぽーぴーぽーぴーぽーぴー…

僕は今、救急車に乗っている。救急車は道路の王様。まわりの庶民の車は王様のために道を空ける。

…ってこの変なマスク(酸素吸入器)がすごい邪魔。とりたいなあ、とってやる、えいっ…とやったけどあわてて戻されてしまった。さらに抵抗する力が出ない。どうしたんだろう僕。父母やヘルメットおじさんがわーわーたくさん話してくるけどよくわからない。それよりここ、変なものがいっぱい。きょろきょろ。

そうしてる間に病院に着いて、ちょっと吐いて、あっという間にお医者さんや看護士さんたちに囲まれ、体に変なものをぺたぺた貼られた。さらに腕に痛い針をさされ包帯を巻かれ、お尻から薬を入れられながらお医者さんが

「う〜ん、目もしっかりしてるし大丈夫かな?…一応明日脳波検査して…少し入院ですね」

と言っているのを聞き、父母がホッとしているのを見ていたらうとうと眠くなり…

再び目覚めたら、写真のような柵の中に軟禁されていたというわけ。これなんて遊び?一時的に熱の下がった僕はこの不思議な環境を調査せずにいられない。早速「ちょっとお外見てくるよ!」と母に告げたが即却下。確かに、動こうとすると、僕から出ているたくさんの線やら管が絡んで動けない。ひっぱると痛いし。

「タカは昨日大変だったんだよ!救急車乗ったんだよ、じっとしてなきゃダーメっ!」

え、救急車って、それは楽しい事じゃないの?ちょっと意味がわからない。お熱があるのはわかるけど。

仕方なく母がテレビカードを買って来て二人でテレビを見たり、父がもってきてくれた飛行機や汽車で遊びながら過ごしていた。おしっこに行きたくなって、トイレに行くと管につながった邪魔くさいもの(点滴)が付いてくる。こんなものはもう嫌だ!部屋に戻って無理矢理それをとろうとしたけど取れない。

「これヤだ!とりたい、とりたい、とりたいーーっ!!」とわめいたら看護士さんが来てくれて

「そんなに…それほどまでに嫌なら取っていいか先生に聞いてくるね」と言ってくれ、5分後には解放された。言ってみるもんだな。

その後も熱がありながらちょっとした隙を狙って外に出て走っては怒られ、酸素の機械を壊すほどにいじったりしていたら担当の看護士さんが母に

「いつもこんな感じなんですか?すごいですね…」

と、なにやら激褒め。ふふ、それほどでも!

その日は柵の中で、神経科の怖そうな先生やおもしろい小児科の先生、看護士の優しいお姉さんたちを接待。夜中に救急で僕を診察してくれた先生も何度も病室に来てくれた。夕方近くにも来てくれたその先生、一体いつ寝てるんだろ?それにしても看護士さんやお医者さんってすごいなあ、もちろん救急隊員の人も。僕たち家族はすっかりファンになったよ。

初めての脳波検査は、甘いシロップを飲まされたらすぐに眠くなり、その間に行われたようなので全く覚えていない。結果は異常なし。子供は高熱が出ると熱性けいれんを起こしやすく、僕は特にそれが起きやすいんだって。
(母はいまだに白目で痙攣してる僕の顔がちらついて離れないらしい。だからといって怒らなくなったかといえば…それは全くないんだ)

二度目の救急車、初めての入院、退院後も続いた高熱、救急車に乗ったはいいが病院がなかなか見つからず相当衰弱したらしい父母、あわただしい日々だった。40度の熱も慣れたらだんだん平気になってきて、ご飯をぱくぱく食べた僕。今日はすっかり元気になって暴れまくっているよ。休んだ分取り返さないと!
[PR]



by takahito_k121 | 2009-05-30 23:03 | 日々思う

ワイルド園児

f0084478_22285731.jpg

初めての親子遠足だよ!

最近の僕の日々はおそろしく忙しい。超多忙。very busy。超絶忙殺你好謝謝。じぃから「最近の写メ送って」って催促便がくるけど無視状態。だって僕の一日は朝起きたら急いでご飯を食べ幼稚園へ、帰ったら急いで準備して遊びやスイミングへ。帰ったら急いでお風呂に入って急いでご飯を食べて急いで歯磨きしてコテンと寝る。そして爆睡。朝が来て起きるとまた急いでご飯を食べ…

ね。わざと無視してるわけじゃないんだ。(もうちょっと待っててね)

では僕の幼稚園生活の報告。まずお弁当は毎日完食!母もびっくりするくらい、きれいに全部たいらげる。相変わらず脱走兵。体育大好き。外遊び大好き。中でも一番好きなのはワイルドゾーン(池や草むらのある遊び場)。団体行動が苦手な、いや大嫌いな僕はここで思う存分自分を発揮する。ガンガン池に入ってアメンボをすくう、アオムシやダンゴムシをつまんでそーっと手のひらに飼う、蝶々を追いかける、ハチが蜜を吸うのを観察する。

慣れない環境でなかなか自分を発揮できなかった僕(※)だけど、「タカちゃんはワイルドゾーンで生き生きしてますよ〜。虫、大好きですね!」って先生が母に言っていた。

(※なかなか自分を発揮できなかったのは、例えば母の日に「お母さんの顔を描きましょ〜」と言われ、家では上手に描いてあげるけど、その時はミミズが三匹?みたいな絵を描いたり、みんなで新聞プールを作って遊ぶとき、一人で棚に挟まってヘビを作ったり…って、あれ?もしかしてこれこそが僕の本領発揮なのかも…?!)
f0084478_23333253.jpg

もうすぐだよ、ポケットで幼虫を飼うのも。うしし。
[PR]



by takahito_k121 | 2009-05-25 23:31 | 日々思う

GW 2009

f0084478_20422386.jpg

本物のSL機関車に乗ったよ!

機関車はすごい。黒い煙をもくもくはいて、「ぷおおーーーーっ」っと大きな汽笛を鳴らし、畑も飛ぶ飛ぶ家も飛ぶ、本当に「汽車ぽっぽ」の歌のように走るんだ。車内を埋め尽くすキラキラ目の子供たち、かっこいい景色のところでは外でカメラを持った大人達が待ち構えている。

そう、主役は真っ黒いこの機関車。真っ黒いオレ様。黒くて強そうで石炭を食べる、この暴君。石炭をガリガリやる、煮たり焼いたりふかしたりせず、ナマだ。ナマ石炭を食うオレ様。電気で走るやつらなんて軟弱この上ないぜ。
f0084478_20424885.jpg

そんなオレ様に走りを挑んで来たこしゃくな小僧。

f0084478_20423751.jpg

初めての山口。一日目は日本庭園の美しい素敵な旅館に泊まり、二日目はキャンプ場へ。露天風呂に温泉の内風呂がある部屋から共同風呂トイレの部屋へ。この落差。常に挑戦的な僕ら一家。写真はこれからバーベキューに向かうところだよ。
f0084478_2043165.jpg

僕と父の大好きな河原でお昼ご飯。たくさん歩いてイチゴをたらふく食べ、虫をつかまえ、岩から岩へ跳びうつり、走って転んで泣いて笑って…は〜楽しかった!
f0084478_20431020.jpg

巨大キャンディはじい&ばあと行ったお店で。今回僕は駅に迎えにきてくれたじい&ばあを見るや走って行って飛びついた。そんな行動をするとは母も予測しておらず、みんなびっくりしていたよ。次回はどんな"孫"でいこっかな〜。
[PR]



by takahito_k121 | 2009-05-11 21:18 | 日々思う

僕 の日々
by takahito_k121
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧