この星に生まれて・2

<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧




BCG

昨日は朝からお風呂に入れられ、それはいつもと順序が違うし、父母が何やら初めて聞く単語を繰り返していたので、僕は嫌な予感がした。

ヨボウセッシュ。チュウシャ。ビーシージー。

はて。それはなんだろう、おいしいのかな?

午後に母と散歩にでかけ、僕が生まれた産院に行った。懐かしいな。あれは冬、大雪の日であたりは真っ白…今はこんなにも鮮やかな緑色。僕は体重が倍以上になって…

そんな感慨にふけっているうちに、赤ちゃんがたくさんいるところへ僕らは着いた。ほお、みんな赤ちゃんだ。泣いたり笑った…笑っ……?

おかしい。笑っている赤ちゃんがいない。赤ちゃんはよく笑うものなのに、ここはなんか変だぞ。あの赤ちゃんなんかこの世の終わりみたいに泣いてるし…しかもみんな上半身が脱がされている。

(今日は暑いからかな?)

そうこうしてるうちに僕の名前が呼ばれた。

母は僕を抱っこして白い服の女の人の部屋に入る。こういう白い服の人たちは優しいんだけどたまに痛いことをするので、僕はちょっと警戒した。

「はーい、今日はBCGですよね?上半身、遠山の金さんになってね〜」

(は?なにトオヤマ?)

僕はわからないので聞き返そうとすると、母は僕の服を脱がせ始めた。

「じゃあね、ちょっとぎゅっとするから、お母さん、押さえててね」

母は真剣な顔で僕を押さえつけにかかる。

ん?なんだ?僕に何か施すのか。

あ!
うでに何かひっつけられた!

「お、強いね〜泣かないね〜」

うん?これ泣くとこ?

「じゃあも一個ね〜」

うーー…むむ??おいおいちょっとちょっと、それ痛い……

「ふんぎゃーー!」

「はい、終わり」


うでに二回何かをひっつけられ、僕は一声抗議し、拘束から解放された。ふう。

『ねえ早くお洋服着せてくれない?あの女の子がこっち見てて恥ずかしいよ』

と、僕は言ったのに、母は

「そうなんだ?痛かった?そう〜えらかったね〜」

と、とんちんかんな事を言っている。


それにしても、朝から父母が言っていた『チュウシャ』が気になってしかたない。
f0084478_13124076.jpg

[PR]



by takahito_k121 | 2006-05-31 16:29 | 日々思う

昼下がり

f0084478_208687.jpg

今日は見事な五月晴れ。陽射しのゆるむ昼下がり、母と散歩にでかけた。鮮やかな緑の公園を歩く。(母が)

池に何かいる。

「あ、ほら!見てごらん。これ、この、えと…ガ、ガチョウ?…アヒル?ん??」

その水面をすいすい動くものを僕に見せながら母が言う。

「と…とり。そう鳥、鳥だよ〜ほ〜ら!おもしろいね〜」

ふうん。
鳥っていうんだ。

僕らは『鳥』をしばらくながめ、微妙な空気の中再び歩き出した。

小さな橋のところで二人のおじいさんが水彩の風景画を描いていて、僕らは立ち止まりその絵を見させてもらっていると、母が

「あのう、この池にいる…あ、ほら、その『鳥』って…なんでしたっけ?アヒルでしたっけ?あはは、ど忘れしちゃってー」

と、その方達におもむろに聞いた。

「ああ、これはあれですよ、カモですよ、鴨。アヒルじゃないですね〜あはは」

「そ、そうですよね〜あはは」

「アヒルのくちばしはもっとこう…」

何故か恥ずかしそうな母。

「タカヒト、ほおら、カモ、カモだよ〜おもしろいねー」
f0084478_2083039.jpg


…そんな昼下がり。
[PR]



by takahito_k121 | 2006-05-25 20:14 | 日々思う

赤ちゃんの接客

昨夜は父母と近所のアジアンカフェに行った。そのお店はベビーカー赤ちゃん大歓迎というお店。イケメンの店員さんは

「僕、赤ちゃん、大っ好きなんです〜(はあと)」

で、何かものを運んでくる度に僕をじーっと見る。社交にはかなり気を使う僕はイケメン店員さんににっこりする。

そのように僕は赤ちゃんということでちやほやされ、しかしそれは店員さんらへの絶え間ない接客を意味し、そうしてる間にもくもくと何か食している父母…成長とともに、大人の身勝手さが見えてくることもある。まあ色んな人とお話するのは楽しいからいいけどね。

こないだは信号待ちをしていると、知らないおばあさんに「あーら〜よく肥えて〜」と言われ、昨日は昨日で「四ヶ月?八ヶ月くらいかと思いましたよ〜」と言われた。もしかして僕は割とビッグなのかな。生まれた時は割と小さかったので、これは嬉しい。調子に乗った母に肥満にされないように気をつけなくては。

とにかく、赤ちゃんというのは一歩外に出ると、100人のお友達が出来るのだ。

f0084478_8112033.jpg

[PR]



by takahito_k121 | 2006-05-21 08:13 | 日々思う

なんかくさいにおいがする。どこからするのか。
まあ気にしないでおこう。

と思ったのに、母は僕を抱え上げくんくんにおいを嗅ぎまくる。なになに、それじゃあまるでくさいにおいは僕が発してるみたいじゃないか。失礼な…

「あ!ここだ!ここ、耳!耳の穴がくっさ〜〜〜っ」

はて。それって僕のお耳のこと?

「えーなんで耳くさいの…?しかも…くんくん…反対側はにおわない…」

母は何度もにおいを嗅いでいる。そうか、くさいのは僕のお耳だったのか。けれどなんでくさいのだろう。いつも清潔にしているのに。

その後、母がインターネットで調べた結果、乳児の耳は時にくさくなるらしい。僕は最近寝返りに夢中なせいで、横向きのまま眠ってしまう。いつも向きが同じなので、下にしてる方の耳の中が蒸れてくさくなるんだって。へえそうなんだ。

それにしても我ながらくさいぞ。

f0084478_19243296.jpg


ぐるぐるぐるぐるまわりますよほんと。
[PR]



by takahito_k121 | 2006-05-15 19:29 | 日々思う

なんだこれ?

f0084478_16351665.jpg

最近、こんなものを食べている。最初はイヤイヤをしてぺっと吐き出していたけれど、何度も口に入れられて、もぐもぐしてみると結構気分がまぎれるので、今ではすっかりお気に入り。父母がごはんを食べている時とかとくに、僕はこれを食べさせられている。

もぐもぐ食べてもなくならないけど、ちょっと油断するとお口から離れ視界から消えてしまうので、そんな時は泣いて母に訴える。

もぐもぐもぐ。

でも本当はお手ての方が味はおいしい。
[PR]



by takahito_k121 | 2006-05-10 16:36 | 日々思う

初・寝返り

母が鎧カブトをせっせとしまっている間、僕は一人で退屈だった。なんだか身体もむずむずするし「むんっ!むんっ!」と、えびぞりをして遊んでいた。

母は背中を向けたまま、いっこうに僕の方を見てくれない。

「むんっ!むんっ!」

僕はえびぞりを続ける。

どうせ母は
(唸ってうんちでもきばってるのかしら)
ぐらいに思っているのだろう。

「むんっ!むんっ……むふんがっ!むふんぐあーっ!!」

異変を察した母は、ようやく作業の手をとめて僕の方を見た。

「きえ〜〜!うそっ?なんで裏返しに??え、まさか…これが噂の……」

そう、僕はえびぞりついでに『寝返り』を行ったのだった。むふふん。
f0084478_14254624.jpg

[PR]



by takahito_k121 | 2006-05-08 14:27 | 日々思う

初節句

f0084478_12103674.jpg


端午の節句、今日は僕の日だそうだ。父はプレ節句と称して、前日に柏餅を買ってきて食べきってしまった。当日は当日で柏餅と「とらや」のちまきを買ってきた。僕の日なはずなのに、僕はそれらを一口も食べていないのは不思議。

「タカヒトは来年ね〜」

と父母は言いながらぱくぱく食べ、僕は兜の前でポーズをとらされ、重労働だった。

なんか、納得いかない。
[PR]



by takahito_k121 | 2006-05-06 12:15 | 日々思う

僕 の日々
by takahito_k121
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧