この星に生まれて・2

消えた母

今日はいつもと様子が違った。いつもは僕は寝さされよう、寝さされよう、とするのにどうしたことだ。今日は朝からずーっと、寝ようとすると起こされ、うとうとするとあんよ体操される。

寝させてくれない。
なになに、乳児虐待?

さすがにほんとに眠くなって、どんなにミルクの匂いがしても眠気には勝てなくて、もう寝てもいいんじゃ?と思ったけど、それでもほっぺをつんつんされたり、足の裏をこちょこちょされたり…。

そうこうしてるうちに母が姿を消した。正確に言うと、僕がたまらず寝てしまってる間に、母がいなくなったのだ。これは大事件。最初目覚めて、父が見えた。父は「しまった!」というような顔をして、(僕がこんな早く目覚めるとは思わなかったらしい)抱っこしてもらったけど、母の不在はごまかせなかった。いいや、お腹はいっぱいだけど泣いちゃえ!

「ふ…ふ…、ふん…ふんぎ…ふんぎゃ…」

「ふんぎゃっ………ふんぎゃあ、ふんぎゃああ、ふんぎゃああ!!!」

父は僕を高い高いしたり揺すったりして「揺さぶられっこ症候群に気をつけて!」と心の中で思ったけど、僕は泣くのが気持ちよかったのでしばらく泣いた。母はいない。僕は最近、裏返し(うつ伏せ)にされるとなぜか泣き止んでしまう癖があるので、父も今回そうしたけれど、裏返しになった僕がどうにも気の毒らしく、やめてしまった。

10時間ぐらいそうしてただろうか。いや、実際は1時間くらいかな。レザーのパンツをはいた母は、髪の毛が短くなって戻ってきた。

「シャンプーなしの短縮バージョンでしてもらったよ〜。あ、やっぱり起きてる…」

ちなみにレザーのパンツなのは、今それしか入る外出用パンツがないらしい。

f0084478_973583.jpg

うわ〜〜鼻からエクトプラズム?!!
[PR]



by takahito_k121 | 2006-03-12 09:11 | 日々思う

僕 の日々
by takahito_k121
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧